Follow

@ain01
・右手を剣印の形にして、頭頂で天空を指す。自分が見ている天上界よりもさらに遥か上空、神の原初の地点から一筋の光が降りてくる。その太さは自分の頭くらいをイメージする事。そして、自分の頭頂より少し上くらいで、その光がとどまり、生命の樹の「ケテル」のごとく、球状に輝く光が形成される事をイメージする。

・はるか上空からケテルに光がどんどん吸い込まれていき、ケテルの光がより強さを増す。ケテルの光が十分になったと感じたら、剣印を下ろして額にあてる。ケテルを中心点として顔が覆われるくらいに光が広がるのをイメージ。その中には至高の三つ組みが垣間見えると考えても良いだろう。その場合は、三つ組みの交点は額に位置する事になる。

· SubwayTooter · 0 · 0 · 0
Sign in to participate in the conversation
Mysticadon

インターネット上でサイト「anima mystica」を運営し、ハンドルネーム「AIN(アイン)」で活動する個人のインスタンスです。作者は多趣味なので、趣味毎にアカウントを分けて使用します。現在の主な分野はオカルト、西洋魔術、仙道、霊術、ヨガ、その他神秘行、オタク趣味などです