Follow

@ain01
・部屋の中央に、東を向き神の姿勢で直立する。心身を落ち着かせたら目を瞑り、自分がどんどん巨大になっていく事をイメージする事。ここで、注意しておきたいのは、このカバラ十字の実践の時は、自分を取り巻く世界が地動説的世界では無く、天動説的世界。以前のSTEPでも説明したように、地球が中心となって、その周りを惑星天が取り巻き、恒星天、原動天とさらに取り巻く、西欧神秘伝統的な世界観で構成されていると思うことである。

・どんどん巨大になった身体は、惑星天をつきぬけ、そして頭が天上界に突き出る。足元には地球がボールの様に小さいとイメージすること。この際、よく注意しておくことは、かならず足元に地球がついているという事である。下記のAnima Mundiの絵画を参考にしてもよいであろう。

・QCという術式は、この後の説明を読めばわかるが、その各ポイントが生命の樹の各セフィラをあらわしている。すなわち、この術式は、学徒の意識内に、宇宙にそびえる「アダム・カドモン」「生命の樹」を構築するのだ。

· SubwayTooter · 0 · 0 · 0
Sign in to participate in the conversation
Mysticadon

インターネット上でサイト「anima mystica」を運営し、ハンドルネーム「AIN(アイン)」で活動する個人のインスタンスです。作者は多趣味なので、趣味毎にアカウントを分けて使用します。現在の主な分野はオカルト、西洋魔術、仙道、霊術、ヨガ、その他神秘行、オタク趣味などです